プロテオグリカンのコラーゲンは非変性2型でないと意味がない

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 プロテオグリカンのサプリメントを発売しているところの多くはいっしょにコラーゲンの成分も入っているところは多いです。

 

その理由は、コラーゲンはプロテオグリカンと相乗効果があるからです。

 

ですが、コラーゲンには種類があって入っていても、全く効果がないコラーゲンというのもあります。

 

今回は、プロテオグリカンと相乗効果が見られる、コラーゲン(非変性2型)についてお伝えしたいと思います。

そもそもコラーゲンって何?

 コラーゲンは、体の全身に存在しているタンパク質のことです。

 

そのタンパク質の中で、約30パーセント近く占めているのがコラーゲンという成分になります。

 

コラーゲンには1型と新2型がある。

 コラーゲンには大きく分けて、2種類の型が存在します。

 

まず1型では、皮膚や骨、靭帯などに多く含まれています。

 

ですので、よくあるコラーゲンのサプリメントは、美肌や育毛効果などが望まれる1型のコラーゲンを原料に作られています。

 

次に2型ですが、主に軟骨に存在しています。

 

ピンときた方もいるかと思いますが、ひざ関節の痛みに悩む原因は膝軟骨が健全な状態でないことがほとんどの原因です。

 

膝軟骨がすり減ったり、弱まったりしている状態を回復させる必要があります。

 

なので、コラーゲンの2型を変形性ひざ関節通あの人は摂取する必要があります。

 

逆を言えば、1型をとってもあまり効果がないというわけですね。

 

コラーゲンには変成と非変成の2種類がある

 コラーゲンをサプリメントで摂取する場合、編成と非変性という2種類があることを知っていますか?

 

変成コラーゲンは、成分を抽出してサプリメントにする途中で性質が変わってしまう場合が多いのです。

 

ほとんどの場合は、摂取したとしても腸で分解されてアミノ酸になってしまい、変性コラーゲンでは、コラーゲンの作用を受けることができません。

 

 

それに比べて、非変成のコラーゲンでは腸で分解されてアミノ酸になることはありません。

 

非変性コラーゲンの場合、そのままコラーゲンの作用を体で吸収して、ダイレクトに膝軟骨などに働きかけることができます。

 

まとめ

 非変成2型のコラーゲンが含まれているプロテオグリカンを購入するようにしましょう。

 

なので、サプリメントを購入する前に一緒に含まれているコラーゲンは、どのような性質があるのか見極めることが必要です。

 

また、非変性2型のコラーゲンはリウマチの疼痛緩和や進行予防にも効果があると言われています。

 

膝の痛みに悩まされている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ