プロテオグリカンとは? グルコサミン、コンドロイチンより凄い理由

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 膝関節症など、膝の痛みもしくは、他の部分でも関節が気になる方は日本人の約3分の近くいると言われています。

 

その中で気になるでは、グルコサミン、コンドロイチンやⅡ型コラーゲン、ヒアルロン酸などのサプリメントを摂取することが流行っていました。

 

ですが、それらの成分よりも今、最も注目されているのが「プロテオグリカン」です。

 

本日はプロテオグリカンが、グルコサミン、コンドロイチンより凄い理由をお伝えします。

それぞれの効果や役割の違い

 

Ⅱ型コラーゲン

 軟骨組織にある繊維状の成分が、Ⅱ型コラーゲンです。

 

見た目はクモの巣のように張り巡らされていて、ヒアルロン酸やコンドロイチンを包み込む役割をしています。

 

ヒアルロン酸

 水分を保持する性質があり、関節内の潤滑をよくする働きを持っています。

 

プロテオグリカンが出る前までは、膝関節の痛みに有効な成分として多く普及していました。

 

グルコサミン

 グルコサミンは、アミノ酸と糖が結びついてできたアミノ糖の成分です。

 

人間の皮膚や爪、軟骨などに存在しています。

 

グルコサミンは、後述する、軟骨のクッション機能を果たすプロテオグリカンを作り出す原料になります。

 

コンドロイチン

 コンドロイチンは、細胞同士をつなぐ多糖類です。こちらもグルコサミン同様、人間の皮膚や爪、軟骨などに存在しています。

 

そして、プロテオグリカンを構成する為に必要な原料として活躍しています

 

プロテオグリカン

 「プロテイン=タンパク質」の意味と「多糖=グリカン」を混ぜ合わせた成分です。

つまりプロテオグリカンはタンパク質と糖が合わさったものだということがわかります。

 

このプロテオグリカンは最近の発見では、「軟骨そのもの」とまで期待されている新製品です。

 

プロテオグリカンは他の成分に比べどう違うの?

 一番の特徴は「保水性」です。

 

プロテオグリカンは他の成分よりも、保湿性が極めて高く、スポンジで吸い取るように水分を保持する力があります。

 

その結果、プロテオグリカンは関節クッションや関節組織を維持する。という役割を果たしています。

 

そしてスムーズな動きができているのも、プロテオグリカンが保水性を持って柔軟に動きを支えているからなのです。

 

関節への衝撃への耐性はプロテオグリカン

 ひざ関節の軟骨は骨同士が擦れ合わないようにあるものです。

 

その軟骨はほとんどが水分となっています。

 

水が65パーセント、Ⅱ型コラーゲンが15パーセント、ヒアルロン酸が1パーセント軟骨細胞か15パーセント、そして残りの4パーセント程度がプロテオグリカンとなっています。

 

その中でも軟骨特有の機能である、ひざ関節の負担を抑えるクッションの耐衝撃をという機能はプロテオグリカンしかありません。

 

一昔前の軟骨の痛み改善サプリメントは?

 関節の痛みを改善するため、数多くのサプリメントが登場しています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲングルコサミンやコンドロイチンという言葉が毎日のようにテレビのネットショッピングで流れているので覚えている人も多いと思います。

 

それらの成分を接種することで、軟骨内のすり減った水分を補給しようとしていました。

 

ですが、それらの成分には膝の痛みを和らげるクッション作用や衝撃緩和する機能がなかったのです。

 

なぜグルコサミンやコンドロイチンは早く発売できたの?

 グルコサミンやコンドロイチンなどの成分は、比較的単純な組織構成のために抽出が容易にすることができました。

 

そのため安価で大量生産することができたので、世の中に急速に広まったのです。

 

グルコサミンやコンドロイチンは軟骨を生成してくれない?

 グルコサミンやコンドロイチンのサプリを摂取した場合、は実は軟骨にすぐ働きかけるというわけではありません。

 

ですので、実際どれくらい効果があるのかが不明であるという点が、デメリットのひとつでした。

 

 ですかプロテオグリカンでは、臨床試験やマウス実験の結果、それらの成分よりもずっと効率的に軟骨の機能が向上することができています。

 

また、軟骨を形成するだけでなく、正常な軟骨代謝を促進するので、ひざ関節などの痛みの原因に直接働きかけるために、改善効果が見られます。

 

まとめ

 コラーゲンや、グルコサミン、コンドロイチンなどと効果を比較してみました。

 

今回、一番伝えたいことは、プロテオグリカンは膝の痛みの原因に直接作用して、軟骨を形成するということです。

 

しかも、対衝撃性というクッション機能を持つのは、プロテオグリカンのみということを、ぜひ理解していただきたいと思います。

 

次回は、プロテオグリカンがなぜ今になって発売されるようになったのか、そのカラクリをお伝えしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ