プロテオグリカンはリウマチにも効果がある!驚くべき根拠とは?

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 変形性ひざ関節症の原因には、膝そのものに強い負荷をかけるといった場合があります。

 

ですがリウマチなどの病気が原因となって、変形性ひざ関節症になる方も多くいます。

 

そこで、リウマチの病気が原因で変形性ひざ関節症になった方にも、プロテオグリカンは効果があるのかどうかお伝えします。

そもそも、なぜリウマチは間接に痛みが生じるの? 

 体調を崩すと、喉が痛くなったり熱が出たりして、からだの不調を訴えます。

 

ですがその反応は、ウィルスなど外部からの侵入者に対して、体が反抗(免疫反応)しているからなのです。

 

その反抗の仕方は炎症性の物質(サイトカイン)という物質を放出して対抗しています。

 

ですがリウマチという病気になると、免疫システムが暴走して、過剰に炎症物質を放出して自分の組織や細胞を壊してしまいます。

 

どのようにしたら、自己免疫システムを正常に保てるの?

 一般的なリウマチの治療方法としては、良質な睡眠をとったりストレスをなくすことという精神面で、心のバランスを保つこと。

 

もしくは、美味しい食事を取ったり、お灸など温熱療法をするということが一般的です。

 

ですがプロテオグリカンの効果を検証したときに、定期的に摂取を続けると炎症性の免疫システムのバランスを整えることがわかってきました。

 

どのように作用するのかというと、炎症が原因で起きる活性酸素の発生を抑え、炎症することを抑制するのです。

 

しかも、ただ炎症を抑えるだけではありません。

 

これまで、炎症を受けて大きな損傷を受けた体の復元が行われることはわかってきています。

 

さらに、痛みそのものを和らげる作用があるのでリュウマチのつらい痛みが緩和されることも期待することができます。

 

リウマチの方でプロテオグリカンを試そうとしている場合

 このように、プロテオグリカンは日々研究が進められリウマチにとっても有効な働きをすることが立証されてきています。

 

ですが、これから新たにプロテオグリカンを試そうとする場合は、医師から助言をもらうようにしましょう。

 

プロテオグリカンは医薬品ではないので、飲むことをやめるように言われることはないかと思います。

 

ですが、現在行っている治療内容と照らし合わせた場合、正確なデータを確実に得たい場合にはしばらく時間をおいてほしいなど言われるかもしれません。

 

かかりつけの医師がプロテオグリカンを知らなかったら?

リウマチや変形性ひざ関節症など専門でやっている医師で、プロテオグリカンを知らない方はいないと思います。

 

ですが、もし知らない場合は、よほど勉強する時間もしくは意欲がない先生であることが証明されるということになります。

 

それでも、継続的にそちらの病院にかかりたい場合には、プロテオグリカンのサプリメントをお試しで請求したらもらえるパンフレット出て説明するとよいでしょう。

 

→ プロテオグリカンランキングはこちら

 

かかりつけ医の変更かセカンドオピニオンも視野に入れる

 「この先生ではちょっと信頼できないな」と思った場合には、他の病院に試しにセカンドオピニオンを受けてみる。

 

その病院が素晴らしい対応してくれると感じたのだったら病院を塗り替えることも良いかと思います。

 

最近は、待ち時間が2時間をざらに超えるところも多くありますよね。

 

2時間も同じ姿勢でし続けること自体が体の関節を促進するような気がします。

 

そのような待ち時間などの対応についても、不満があるのなら解消してくれるような病院を探すことも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ