湿布は何時間で交換すれば良いのかズバリお答えします。

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 膝などの関節が痛い時には一番頼ってしまうのは湿布だと思います。

ですがこの湿布をどれくらいの時期で交換すれば良いのか遠いの先生に聞いてみると12時間だったり整骨院先生だと6時間とか人によって見解が変わってきていますよね。

 

今回は湿布は何時間で交換すれば良いのか効果的な時間の目安をお伝えしたいと思います

基本的に湿布の交換時間は臨床結果から導き出されている

 24時間効果がある湿布と12時間しか効果がない湿布の違いは、湿布を開発するときの臨床結果から導き出されています。

 

以上の点から24時間効果がある湿布の方が強い効果を持続してくれるもしくは12時間ごとに張り替えをするから貼りっぱなしの方が効果があると言うことではありません。

 

それぞれのメーカーが発売したシップには一番効果的な交換時間が設定されているということです。

 

具体的にはどれだけの時間で湿布を興奮すればいいの?

 基本的に1日1回交換する24時間効果が持続する湿布の場合は時間を守るのが最も良いです。

 

ですが肌荒れなど皮膚が弱いかたは12時間程度で剥がしてもほとんどの湿布は効果は持続します。

 

その理由は湿布を交換して剥がした後も貼っていた部分の関節などに消炎鎮痛作用が持続するのです。

 

また1日2回交換する12時間タイプの場合は同じように6時間程度で話してしまっても良いかと思います。

 

逆にずっと湿布を張り続けると皮膚を痛める場合もありますので、肌の様子を見ながら交換すると良いでしょう。

 

自分に合った湿布を見つけだそう

 湿布を交換する時間がなかなか持てない方は1日1回交換するタイプの湿布で。

 

1日に2回交換する時間の余裕がある方は、12時間効果が持続する湿布利用する。

 

そのような時間の判断基準もいいのですか、一番求めているのは効果が1番で肌荒れもしないという湿布に巡り会うということが一番大切です。

 

 

膝の痛みなど初期の場合で湿布をもらう場合など、できれば色々と試してみた方が良いかと思います。

 

現在病院で処方されている湿布はほとんどが消炎鎮痛作用がありますか、ただ単に温めたり冷やしたりする旧式の湿布を出されている場合もあります。

 

なので、湿布を処方してくれる医師に消炎鎮痛作用があるのかどうか、確認すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:治療  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ