関節の水抜きは痛いし癖になる?時代遅れな対処療法な理由とは? 

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

 ひざ関節など痛みが生じた時に検査をすると「水が溜まっています」と診断される場合がありますよね。

 

定期的に膝の水を抜いている方もいれば、初めて関節の水抜きをする場合のどちらでも抱える不安は同じようなものではないでしょうか?

 

・関節の水抜きは痛いので他の方法で解決したい

 

・膝の水抜きが癖になって一生続けないといけないか不安

 

そのような不安の原因と、時代遅れな対処療法な理由をお伝えしたいと思います。

関節の水抜きはの原因と癖になる?

 関節の水というものは、関節の裏打ちをしている髄膜という膜から少しずつ滲み出ているものです。

正確には「関節液」と言います。

 

この関節液はしみ出した後に再度吸収されるという形で循環していきます。

 

この関節液というものは、関節の軟骨の潤滑を良くする効果があること、そして酸素や必要な栄養素を軟骨に染み込ませていく重要な役割を果たしています。

 

関節に痛みが生じたり、変形性ひざ関節症の時に関節に水が溜まるというのは、関節が炎症している状態です。

なぜ関節が炎症するのかというと、滑膜が炎症しているからです。

 

さらになぜ滑膜が炎症するのかというと、関節液がたくさん出過ぎているので関節が腫れてしまって曲げることが難しくなったり、軟骨の組織が正常に働かないということになります。

 

  • それでは関節液を抜けば全ての症状が解決するのでしょうか?

 

 実は関節液を定期的に抜けば膝の痛みが解消すると勘違いしている方が多いです。

 

関節液がたくさん出すぎているその原因は何なのか。その原因を突き止めて対処することが最も必要です。

 

関節液自体が多く排出されるということは、他の課題を解決するためにそのような機能を発揮してるからです。

 

人間の体というものは本来、自然治癒するために体に作用を及ぼしていくものです。

 

なので関節の炎症という原因そのものを解消することが必要になります。

 

以上の点から、根本の原因を解決すれば癖になることはないのです。

 

関節の水抜きは痛いし時代遅れ?

 関節の水抜きを行う場合にはどれくらいの痛みが生じるのでしょうか?

 

基本的に関節の水抜きを行う場合には、麻酔などは使うことはほとんどありません。

 

なので直接に膝などの関節に注射を行い水を抜き出すという作業を行います。

 

痛みは人それぞれなので一概には言えませんが、ほとんどの方は「違和感と痛みが凄いのでもう関節の水抜きはしたくない」という方が多いように見受けられます。

 

また、水抜きはあくまで対処療法なので、原因自体を解決する方法ではありません。

 

 

なので、多くの病院では緊急一時的な場合にしか行わないという所が増えています。

 

もしあなたがかかっている病院の先生が「膝の水を抜けばなんとかなるよ」ということで原因を究明してくれない場合には、セカンドオピニオンを行われることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:治療  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ