膝が痛い時の対処法②確実に減量するには? 

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

  変形性ひざ関節症の原因になるのはやはり「肥満」という原因がほとんどの場合関係してきます。 

 

・太りすぎて歩くたびに膝が痛い。 

・更年期になって、体重が落ちづらくなった 

・痩せたいと思っていても、痩せることができない 

 

そのような形が確実に減量して膝の痛みに対処できる減量方法をお伝えしたいと思います。

肥満になると、ひざ関節に大きな負担をかけてしまう 

 歩行をするという動作を支えているひざ関節には、いつも大きな負荷をかけています。 

 

歩く時には体重の2から3倍、階段を上り下りする時には6から7倍もの負荷をかけています。 

 

体重が60キロの場合、 歩行時には120から180キロ。 

階段を歩く場合には360から420キロもの体重をかけているんです。 

 

もしも体重が80キロの場合には、歩行中には160から 240キロ。 

階段を歩く場合には 480から560キロも体重がかかっていることになります。 

 

たった数キロの違いでも、 膝にかかる負担は倍以上となります。 

 

肥満傾向にある方は 変形性ひざ関節症の 発症リスクが 肥満でない人と比べて 3倍以上 かかりやすいと言われてます。 

 

  • それではどのようにして減量すれば良いのでしょうか? 

 

具体的な減量方法をお伝えしたいと思います。 

膝の痛みを解消するための具体的な減量法 

食生活を改善する 

  当たり前の話ですが、食事の量を取りすぎれば必ず太ります。 

 

なのでまず食べ過ぎには注意をしましょう。腹八分を目安に、食べ過ぎないように心がける必要があります。 

 

どうしても食事の量を自分で管理できない場合には、 食事の食べる順番を変えるようにしましょう。 

 

 

最初は食物繊維を多く含んでいる野菜を食べるようにします。 

 

その時もきちんとよく噛んで食べるようにすると、満腹感が得られて食べ過ぎを防ぐことができます。 

 

 

また、 最近話題の糖質制限ダイエットですが、こちらは最も減量に効果的な方法になります。 

 

参考サイト → ケトン体ダイエット体験記

 

私自身も1ヶ月で5キロ以上痩せた事がありますので効果は必ず出ます。 

 

糖質制限ダイエットを行う時には、基本的に白米やパン麺類など炭水化物が入っている食事を抜くようにします。 

 

その代わりに肉や魚たまご などの 食品を 摂取するように心がける。 

ただそれだけの食生活を変化する方法ですが、1週間以上続けると劇的に効果が出ます。 

 

元々は糖尿病患者のために考えられた減量方法ですが、減量以外にもアンチエイジングや育毛効果など、様々な面での効果が期待できるということが立証されてきてます。

 

もし現在かかりつけの病院に通っている場合には、医師に相談をして 糖質制限ダイエットを行うと良いでしょう。 

 

生活習慣に運動を取り入れる 

  もうひとつの減量の方法は、生活習慣に運動を取り入れるということになります。 

 

膝に痛みがある時には、膝に負担のかかる運動は避けるようにしましょう。 

 

まず一番最初に行うことはストレッチをきちんとすることです。 

 

その後ウォーキングなど膝に負担が比較的かからないことから有酸素運動を始めましょう。 

 

運動を継続して筋力がついてくると、体の基礎代謝量が上がります。 

 

結果的に痩せやすい体になりますので、これまでと同じような食事をとっても痩せていく体質になります。 

 

詳しくは以前の記事に書いてますので参考にしてください。 

変形性膝関節症の原因①筋力低下

 ,

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:治療  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ