変形性膝関節症のステージ分類を知れば、対策と心構えが出来る理由とは?

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 変形性ひざ関節症は治療や予防を行わないと進行していく病であるという事はご存知だと思います。

 

どれだけ日常生活に気を使って定期的に病院や整体院に通ったとしても、加齢のために進行していく場合もあります。

 

ですか将来の見えない不安に怯えるよりも、どのように進行していくのかそのステージ分類が分かれば対策と心構えができます。

 

今回は変形性ひざ関節症のステージ分類と対策及び構えについてお伝えしたいと思います。

変形性ひざ関節症には5つのステージがある。

 変形性ひざ関節症のステージは、「ケルグレン・ローレンス・グレード」というもので、大きく分けて5つ分類されています。

 

膝のステージ別に数字をつけていますので、その数字を見ながら解説していきます。

 

 

0ステージ:これは健康な状態です。大腿骨と脛骨の隙間がきちんと保ってあり骨も正常な状態です。関節をつなぐ軟骨にも異常がないので全く問題がない状態です。

 

1ステージ:大腿骨と脛骨の隙間はきちんと保っています。ですが関節が接触する場所が硬化しているので、骨の突起である「骨棘(こつきょく)」ができ始めるなど、変化が徐々に現れていく段階です。

 

2ステージ:関節にある軟骨がすり減っています。大腿骨と脛骨の隙間が徐々に狭くなって骨棘がどんどん出来てきている状態です。

この頃には膝の痛みを体感するようになります。

 

3ステージ:関節軟骨や半月板の消耗が大きく進行しています。この時期になると痛みも実感して時に強い痛みを感じるときがあります。

 

4ステージ:関節の軟骨や半月板がほとんどなくなっています。なので大腿骨と脛骨が裸でぶつかり合うようになって、動くたびに強い痛みを感じるようになります。この時期になると、変形性ひざ関節症の状態が目に見えてわかりになります。

 

ステージ別にみる膝の状態

 自分が現在どのステージにあるのかは、病院代レントゲン写真を撮って医師から診断してもらうしかありません。

 

医師の診察では2ステージ以上が変形性ひざ関節症と診断される目安となります。

 

そしてステージ3以上になるとひざ関節の手術を勧められる場合が多いようです。

 

自分のステージを知った後にできること

 自分がどのステージにいるのか、そして膝はどのような状況なのか理解することで選択肢の幅が広がります。

 

例えばステージ3以上なら、手術をすぐに進められる場合が多いかと思いますが、すぐに諦めて手術をするか、もしくは自分でできる治療や予防を行って挑戦してみる。

 

その為に、西洋医学以外の東洋医学などの治療方法を試みるという選択肢を選ぶことが出来ます。

 

もし、ステージ1の場合なら、これからどんどん放っておけば進行してしまって手術するしかなくなってしまうという現実から目を背けずに、今すぐ対応することができるようになるでしょう。

 

あなたが膝の痛みとどう向き合って、どう付き合っていくのか。

 

医者から言われたとおりにお願いして、人口膝関節置換手術をするのか。

 

それとも、違う治療方法を試して回復するのか。選択肢をぜひ手に入れて後悔のない判断をしてもらえたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:基礎知識  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
膝痛サプリの人気ランキング

膝痛サプリの人気ランキング。

膝痛で悩んでいない方は見ちゃだめ
(*;´□`)ゞホンマニ、アカンヨ…

検索
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ